小笠原社会保険労務士お役立ち情報(群馬県沼田市)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆【HIV感染した検査結果が勤務先の職員間で共有されてしまった事案】☆

<<   作成日時 : 2016/05/03 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

病院に勤務する看護師が他病院で受けた検査の結果HIV陽性と診断され、本人の同意なく、勤務する病院の医師らによって検査結果が他の職員に情報共有されたことがプライバシー侵害であり、HIV感染を理由に就業制限されたことも不法行為であるとして損害賠償請求を起こした事案がありました。
裁判では診療目的で取得した情報を労務管理目的で利用することは目的外使用であり不法行為であると判断されました。
HIVに感染しているという情報は、他人に知られたくない個人情報であり、本人の同意なく取り扱った場合には、特別な事情がない限り、プライバシー侵害の不法行為が成立するということでした。
また、就労制限したことについては、医療機関であっても、HIVに感染した看護師の意向を確認したうえで、配置転換の要否を含めて同看護師の今後の業務を検討すべきであり、そうした措置を検討することなく同看護師の就労を制限したことは、正当な理由を欠くということで、使用者が合理的理由なく労働者に休むように指示し、労働者から賃金を得る権利を制限することが不法行為であるとされました。
この看護師は休むように指示を受けた後は欠勤し、結局、退職しましたが、HIV検査を行った病院とはプライバシー侵害の不法行為について金銭で和解しました。
また、就労制限指示により、得られなかった賃金に関する補償金請求のみならず、慰謝料等が認定される可能性もあり、留意すべきだろと思います。

6月頃から熱中症の発生が増えます。夏の暑い日差しの下で作業するときだけでなく、高温多湿な室内環境においても熱中症は発生しますので、ご注意ください。




■ お問合せ先
     ・小笠原社会保険労務士事務所  小笠原 稔
     ・所在地          :群馬県沼田市
     ・メールアドレス     :oga0278@gmail.com
     ・ホームページ      :http://enjoybusiness.life.coocan.jp/
     ・まぐまぐ!(メルマガ) :http://www.mag2.com/m/0001637593.html




にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
・トラックバック:http://ping.blogmura.com/xmlrpc/al37vw6tgesp

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆【HIV感染した検査結果が勤務先の職員間で共有されてしまった事案】☆ 小笠原社会保険労務士お役立ち情報(群馬県沼田市)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる