小笠原社会保険労務士お役立ち情報(群馬県沼田市)

アクセスカウンタ

zoom RSS 事業場のメンタルヘルス対策

<<   作成日時 : 2016/09/23 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メンタルヘルス不調者は増加傾向にあり、職場における大きな課題となっています。
このよう状況から、平成27年12月からは、ストレスチェックと面接指導の実施が、常時使用する労働者数50人以上の事業場へ義務付けられました。
このストレスチェック制度では、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する一次予防を目的とするもので、総合的なメンタルヘルス対策の中に位置づけて推進することが望ましいとされています。

現在、メンタルヘルス不調が理由で1ヶ月以上の休業、または退職した労働者がいる事業所は約10%あるというデータがあります。
労働者が、休職や退職をしてしまった場合には、事業者は、後任の手配・教育が必要になるでしょうし、労働者が、休業から職場復帰する場合には、職場復帰支援プログラムの策定と実施が必要になってくるなどが考えられ、事業者は、その対応に時間を割かねばならず、この間は、他の労働者への負担も増大してしまうことになり、結果的に事業場の生産性が落ちてしまうことになります。

このようなことを避けるためにも、以下の4つのメンタルヘルスケアが継続的かつ計画的に行われることが重要とされていますのでご紹介します。
1.セルフケア
労働者自信がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスの予防、軽減を行う。
2.ラインによるケア
労働者と日常的に接する管理監督者が、心の健康に関して職場環境の改善や労働者に対する相談対応を行う。
3.事業場内産業保険スタッフ等によるケア
事業場内の産業医等産業保険スタッフ等が、事業場の心の健康づくり対策の提言を行うとともに、その推進を担い、また、労働者および管理監督者を支援する。
4.事業場外資源によるケア
事業場外の機関および専門家を活用し、その支援を受ける。


このようなメンタルヘルスケアの他に、いきいき働ける環境が職場にあることもメンタルヘルス対策上重要と思われます。
例えば、労働者が、前向きな目標が持てるよう、事業場がその道筋を見えやすくするなどの対策もあるのではないでしょうか。

メンタルヘルス対策は、即結果がでるものではありませんが、継続して実施し、よりよい仕組みづくりを構築していくことが大切なのだと思います。



■ お問合せ先
     ・小笠原社会保険労務士事務所  小笠原 稔
     ・所在地          :群馬県沼田市
     ・メールアドレス     :oga0278@gmail.com
     ・ホームページ      :http://enjoybusiness.life.coocan.jp/
     ・まぐまぐ!(メルマガ) :http://www.mag2.com/m/0001637593.html




にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
・トラックバック:http://ping.blogmura.com/xmlrpc/al37vw6tgesp


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事業場のメンタルヘルス対策 小笠原社会保険労務士お役立ち情報(群馬県沼田市)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる